top of page
検索
  • gohannoakari

12/17 子供食堂レシピ ブロッコリーの和物

みなさん、こんんちは!

ごはんの灯りを主宰している蟹江綾子です。



初めましての方も

お馴染みの方も

私のブログにご訪問くださって

どうもありがとうございます(*´-`)♡



今日は12/17の子供食堂で

作りました、ブロッコリーの和物のレシピを

ご紹介ます♡


この記事の後半では一緒に詰めた

その他のお料理のリンクもあるので

ぜひご活用くださいね☆



このブロッコリーの和物は

簡単で、常備菜にも向いています。

ごはんのお供にも、

お酒のアテにもなる優れもので、

お好みによって歯応えを持たせて固くしたり

お子さんに合わせて柔らかくしたりすることで

また美味しさが変わりますよ!

その辺りも説明しているので

ぜひ参考になさってみてくださいね!



ブロッコリーの和物    1房分


材料

・ブロッコリー    450g前後1房

・塩         小1/2

・おろしニンニク   大1

・白だし       大1


下準備

・ブロッコリーは蕾の部分を重点的によく洗う

・小房に分けて切る

 サイズをなるべく均一にする。

・蒸し器を用意して、湯を沸かしておく。


作り方

① 蒸し器を沸騰させ準備する


② ブロッコリーに満遍なく塩をする


③  沸いた蒸し器にブロッコリーを置いて蓋をしめて蒸す

  3㎝各程度の小房で歯応えを持たせると

  4〜5分が目安です。

  子供食堂はお子様向けに12分蒸しています。

  余熱で加熱が進むので、蒸し上がりは

  気持ち固めが理想です。

  茹で加減はお好みで変えてくださいね!


④蒸している間に、大きめのボウルに調味料を混ぜて準備する


⑤ブロッコリーが蒸しあがったら粗熱を取り

 温かいうちに、調味料とあえて出来上がり




美味しく作るポイント①余熱でさらに柔らかく

ブロッコリーの加熱の後は、水にさらしたりしません。

その為、火を止めた後も余熱で加熱が進みますから

食べたい柔らかさの「気持ち固め」で火を止めると

調味料を馴染ませ、冷めた頃にちょうど良い硬さになって

美味しくなります!



美味しく作るポイント②温かいうちに馴染ませる

ブロッコリーは、粗熱が取れたらすぐ味付けをします。

粗熱が取れた状態とは?

触れる熱さになったらOKというイメージです。

熱いうちに調味することで、お野菜の中に味が染みやすくなります。

その為、少量の調味料でしっかり味がつきますよ!

今回のレシピは、茹で加減にもよりますが

固めだと調味料との接地面が少なく

ちゃんと味がつくか心配になるとおもいます。

でも大丈夫。

少し大きめのボウルに入れて

熱いうちに

ザッ!ザッ!とお玉や木ベラ、ゴムベラなどで

ダイナミックに混ぜてください。

冷めた頃にはちょうど良いお味が染みます!

柔らかめのブロッコリーがお好きな方は

味が入りすぎるので

気持ち調味料を少なめに調節してくださいね!



いかがですか??簡単ですぐできちゃいます♡

お好みで、ごま油やオリーブオイルなどを

かけてもらっても美味しくいただけます。


オイルは1房につき大さじ1/2程度。

オイルがつくと

お野菜に油の膜ができてしまって

調味料の馴染みが悪くなるのでご注意を!

ブロッコリーが完全に冷めて

味が馴染んでから、オイルをかけるといいですよ!


ブロッコリーはとっても栄養が豊富です。

油でアップする栄養素もありますから

オイルプラスは試す価値ありですね!

しかし、

それとは逆に

水に溶け出す栄養素も多くあったりします。


なのでたくさんのお湯で茹でるより

蒸す方法は、

栄養や旨味を素材の中に閉じ込めやすいので

とっても理にかなっています。


蒸し器も大袈裟な物ではなく

簡単に使えるものを

以前ご紹介しているので

リンクを貼っておきますね!


蒸し器のリンクページ 里芋の生姜醬油和え


みなさんお馴染みのIKEAの物です♡

私の日々頂くお野菜は、蒸したお野菜が多いので

これでパパッと済ませまる事が多いです(*´-`)

ぜひご覧くださいね!


脱線しましたが(汗)


この日の子供食堂で作った

その他のお料理レシピのリンクも

貼っておきますね!

ご参考になさってください☆


レシピリンクはこちら☆

・和風チキンナゲット

・キャベツとツナのコールスロー

・トマトとお出汁の炊き込みご飯



レシピ配信の速報はこちらのSNSを

フォローいただくと簡単です。

ご活用ください☆


 ごはんの灯り 公式ライン

 ごはんの灯り インスタグラム



長々と、最後までお読みいただいて

どうもありがとうございます。


みなさんの暮らしが、

和食で毎日美味しく、

元気に!なりますように♡



和食暮らしのお教室

ごはんの灯り

主宰 蟹江綾子










閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page